製品紹介

4つのプラマグ

プラマグの原材料によって出せる特性が異なります。 コストや成形しようと考えているプラマグの特性によりさまざまな選択が必要になるかとは思います。 サンセイ工業では以下のプラマグを扱っておりお客様のご要望によって材料を選定させていただいております。 プラスチックマグネットの種類でわからないことはご相談にのりますので、 お気軽にお問合せ下さい。

フェライト系プラマグ

  • フェライト系プラマグ
  • 特徴

    フェライト磁石は、粉末治金法により製造される酸化鉄を主原料とした磁石です。(等方性・異方性)プラマグの原料の中で最もコストが安く、 材料の内部構造により、異方性フェライト磁石と等方性フェライト磁石に分類されます。多極着磁、ラジアル着磁、磁石が容易に作れます。

    用途

    モータ関連(ロータ等)回転制御(FGリング、テープ回転センサー等)スピーカ、電磁ブザー、各種磁気センサー、磁気治療器、など

ネオジウム系プラマグ

  • ネオジウム系プラマグ
  • 特徴

                                 

    ネオジウム磁石は、Nd(ネオジウム)・Fe(鉄)・B(ホウ素)を主原料とした希土類磁石です。(等方性・異方性)
    ネオジウム系プラスチックマグネットはフェライト系プラマグより数倍高い磁力を発揮し、マグネットの小型軽量化が可能。小さな部品を作る際に適しています。

    しかし、錆びやすく表面処理が必要とされることがあります。 

    強度が高く、割れやかけが少ないため機械加工や着磁後の取扱いが容易にできます。

    用途

    モータ関連(ロータ等)回転制御(FGリング、テープ回転センサー等)スピーカ、電磁ブザー、各種磁気センサー、磁気治療器、など

サマコバ系プラマグ

  • サマコバ系プラマグ
  • 特徴

    サマコバ(サマリウムコバルト)磁石は日本で工業化に成功した最初の希土類磁石です。(異方性)
    高温度使用や安定した温度特性が要求される用途に向いて、機器の小型化、高性能化に適しています。ネオジム磁石と比べて、耐食性が良いため表面コーティングをしなくても使用可能。

    しかし、主原料のサマリウムとコバルトの価格が高く、成形品がもろく欠けやすいという欠点があります。

    用途

    モータ関連(ロータ等)、各種磁気センサーなど

サマリウム鉄窒素系プラマグ

  • サマリウム鉄窒素系プラマグ
  • 特徴

    ネオジム磁石,サマコバ磁石を超える性能を持つ磁石として開発された希土類磁石です。(異方性)プラスチックマグネットのマグネット原材料の中で最近姿を現した材料。 性能はサマコバと似たような磁力を発揮するが、高温度に対する特性が弱い。高価なサマコバとはうってかわり、コストパフォーマンスが豊かな材料。 高い磁力が必要なプラスチックマグネットに適しています。

    用途

    モータ関連(ロータ等)、各種磁気センサーなど

     

金型製品例

    • ラジアル異方性金型
    • ラジアル異方性金型

                                         

      磁場射出成形機で発生されるアキシャル方向磁界を、この金型により、ラジアル方向に 変換し、異方化させる金型です。

    • 極異方性金型
    • 極異方性金型

                                         

      金型キャビティ内に組み込まれた焼結磁石等により、放射状のラジアル配向ではなく、 使用時と同極数、同配向方向に異方化させる金型です。

お問い合わせはこちら

  • TEL045-543-4535

    【営業時間】8:00~19:00(日祝日を除く)